HOME RSS feeds archives

スポンサーサイト

 -------- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

←よかったらランクリお願いします。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

神様のメモ帳4&ドラマCD

 2009-07-15 23:15
この三日間、学校から家に帰ってすぐに布団の中へ……という生活をしていました。

その間、ずっと神様のメモ帳4巻を読んでいましたやっぱり神様のメモ帳は面白いです!

神様のメモ帳〈4〉 (電撃文庫)神様のメモ帳〈4〉 (電撃文庫)
(2009/07/10)
杉井 光

商品詳細を見る


てなわけで続きは感想です。
(注意ネタバレ含む←というか杉井光作品読んでいないと意味不明な可能大)
まずこの本で最初に目を引くのは表紙。
これは……!と驚くくらい売り場で異彩を放っていましたw
この表紙はDQの中でベスト3に入る出来だと思います。

一巻、二巻でほのかに存在を匂わせて、三巻では全く触れられなかった、平坂組もう一人の創設者である平坂錬次がついに登場しました。

今回は四代目の過去の話です。三巻でテツ先輩のついた嘘と同じように、四代目も大切なことを守るために嘘をついていた……それをアリスとナルミが暴いて行きます。

この作品もまた、いつもの杉井光作品で、しっかりとギャグ・シリアス成分が共に含まれています。
というか……アリスかわいすぎですw 反則ですw 意識していないで色々なことをするというシチュエーションにかなり萌えました。
他にも、杉井光作品を読んでいる人ならついニヤリときてしまうような、黒つぐみ、ミネルヴァ、ギブソン・レスポール、鳥の尾羽のような後ろ髪、といった言葉も入っていて、とても楽しめました。
音楽の話ということでさよならピアノソナタ特有の音楽描写もわずかですがありましたし、ひょっとしたらこのバンドは……なんて思えるようなところもあって、予想を大きく上回る面白さになっていました。

途中までの話の流れは鬱々としていて暗い印象を受けましたが、上記のような笑わせるシーンや、急激な話の転換。そして最終的にハッピーエンドに……ということで、逆に鬱々とした感じからの対比で、読み終わりはとてもすっきりとしていました。

DQが自信を持ってオススメする本です。


ドラマCDも届いたので聴きました。
『神様のメモ帳』ドラマCD『神様のメモ帳』ドラマCD
(2009/07/08)
イメージ・アルバム寿美菜子

商品詳細を見る

ナルミの声優が阿部 敦(インデックスの上条当麻役)で、どうなるんだろうな……と、聴くまでは少しその選択はないのではと思っていましたが、実際に聞くととてもはまり役で、信じられないほどナルミのイメージとマッチしていました。
それにドラマCDオリジナルキャラの相賀沢 淳……その声優が藤原啓治(野原ひろし役)で、とても情けない相賀沢の台詞と合わさって、つい聴いている途中に笑ってしまいましたww
この配役を考えた人はすごいですww

やっぱり声がつくと。それぞれのキャラクターが実際に生きているように感じられてでうれしいですねw

ぜひ、続編が出て欲しい! アニメ化して欲しい! そう思えるドラマCDでした。

神様のメモ帳は本当に面白い小説です。興味を持った人はぜひ読んでみてください。
そして、他の杉井光作品も読んでみてください♪

←よかったらランクリお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shosinshapsp.blog94.fc2.com/tb.php/190-51da1641
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。